2009年07月13日

アトピー性皮膚炎の治療

アトピー性皮膚炎は皮膚が乾燥しザラザラ、カサカサ
になり、強いかゆみや皮膚の苔癬化(ごわごわ)が起
こり患者さんにとっては大変苦痛を伴う疾患です。

アトピー性皮膚炎は近年増加傾向にあり様々な研究が
行われていますが、はっきりした原因が分かっていな
いのが現状です。

なのではっきりした治療法が確立してりません。

一般的にはステロイド剤で症状を抑える治療が行われ
ていますが副作用なども多く問題になっています。

アトピー性皮膚炎の患者さんは皮膚が乾燥し皮膚が本来
持っているバリア機能が衰えていることが多く、可視光
線療法で皮膚にうるおいを与えることでバリア機能を
高めることもできます。

また、可視総合光線療法には副作用も一切なく、安心し
て受診できます。

アトピー性皮膚炎の患者さんは子供や女性が多いので、
安心して受けられる可視総合光線治療は有意義な治療法
でしょう。

アトピー性皮膚炎の患者さんは体温が低いことが多く、
光線療法で体を芯から温めることで根本的に改善するこ
とができるのです。

アトピー体質を改善しなければ、症状を抑えるだけでは
再発を繰り返すことになります。

そういった意味で光線療法はすぐれた治療法だと言える
でしょう。

posted by take at 21:29| Comment(0) | アトピー性皮膚炎の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。