2009年08月20日

「治りますか」と聞かれたら

治療院をやっていると、本当にいろいろな方が来院されます。

中でも、一日中ひどい痛みに悩まされている方などは、本当に
ワラにもすがる思いで私の治療院にたどり着くのです。

そういう方にお話を聞いていると、
「先生治りますかねえ・・・」
と半ば諦め気味に尋ねられます。

私は以前、こういった質問に対し
「う〜ん、どうですかねえ・・・」
と答えたことがあります。

その方はひどい腰痛で、ヘルニアの手術もされていましたし、
痛みがひどくなってからはブロック注射もされていました。

とにかく痛むらしく、夜も眠れないしご飯も食べられない。

痛みのために筋力アップの運動もできません。

さらに80歳を過ぎた高齢です。

当時の私にはそう答えるのが精一杯でした。


その方がどういう思いで
「治りますか」
ときいたか、今考えると本当に申し訳ない返事をしてしまった
と後悔しています。

さぞがっかりされたことでしょう。


開業した今、このような返事をしていては院長失格です。

私は治療家は体だけを見ていてはいけないと思っています。

その方の精神状態が、痛みや疾患に大きく影響すると思う
からです。

痛みで精神的に参っている方に「治りません」といったら、
落ち込んでもっと痛みが強くなるでしょう。

「大丈夫ですよ^^」

この一言が患者さんの希望となり、
「よし、頑張って治そう!」
と思うことで自然治癒力は高まり、施術の効果もアップする
でしょう。

嘘はいけませんが、患者さんに希望の光となる言葉を選んで
勇気を持ってもらう。

当院はそんな治療院です。



posted by take at 14:41| Comment(0) | 当院の治療方針 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

当院の治療方針(2)


うちの治療院では痛みなどの主訴を取るのと同じくらい、
体質改善に力を入れています。

治療院に来院する方の多くが体のどこかに痛みを抱えて
来られるわけですが、この痛みを取ることはなかなか大
変です。

一時的に痛みが治まったとしても、痛みを出す原因が改
善されていなければまたすぐに再発するからです。

たとえば足腰の筋力が低下することで起こる足底筋膜炎
などは、弱ってしまった筋力を強化しなければ治りも悪
いし再発もしやすいです。

なので当院では光線治療や鍼灸・手技治療のほかに、運
動の指導や体重を落とす食事の仕方、骨盤の歪みを正す
体操なども指導しています。

患者さんの中には
「ここに治療に来てるんだから、治療だけで治せ。」
という雰囲気丸出しの方もいらっしゃいますが、治療院
に来られる方は「お客さん」ではなく「患者さん」である
ので、治すための指導に従ってもらっています。

そういう立場で接する方が回復のスピードも早まり、患者
さんのためにもいいのです。

来院された以上私たちは患者さんの体の不調を全力で良く
する義務があります。

そのために最もいい方法を指導し、どうにかしてそれを
実践してもらえるよう、患者さんとの根気強いコミュニ
ケーションが必要になってくるのです。

私はまず、患者さんの意識を変えてあげることが一番
大事だと考えています。

posted by take at 21:52| Comment(0) | 当院の治療方針 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

当院の治療方針

当院では「鍼灸療法・手技療法」と「光線治療」という
2本の柱で施術しています。

光線治療は体を細胞レベルで温める事で万病の元になる
「冷え」を改善し免疫力・自然治癒力を高めます。

病気になりやすい体質、痛みが出やすい体質を根本から
改善することができます。

鍼灸・手技療法では現在最も悩まされている症状や痛み
を取っていきます。


たとえばひどい肩コリで来院された場合、光線治療で
全身の血行状態を改善し、ストレスなどを緩和すること
ができます。

さらに鍼灸や手技で凝り固まってしまった部分をほぐし、
痛みを和らげていきます。


このように、当院では根本療法と対症療法を組み合わせ、
患者さんがどうすれば一番早く悩みから解放されるか、
またその悩みが再発しにくい体を作れるかを念頭に
おいて施術していきます。

私は来院して施術を受けるだけが治療ではないと考え
ています。

患者さんには自宅でできる体質改善法を指導し、自分で
も真剣に治す努力をしてもらいます。

やはり言われたことをきちんと実践してくださる患者さ
んほど、ドンドン症状もよくなっていきます。

posted by take at 05:46| Comment(0) | 当院の治療方針 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。