2009年07月03日

鍼灸治療の適応


鍼灸治療も光線治療と同様、抜群の適応の広さを
持っています。

東洋医学的な鍼灸治療では全身の調子を整え根本的
な体質改善を行う「本治法」、今出ている症状を
抑える「標治法」があるためです。

そのほか肩こり、腰痛などに有効なパルスを使った
電気鍼や、小児に対する小児鍼などもあります。

また特効穴という特定の疾患によく効くツボもあり、
精神疾患から寝違え、消化器の痛みなどにも対処で
きます。

灸治療は自宅で自分で行うこともでき、毎日続ける
ことで免疫力を高めたり、自然治癒力を高めたり
することもできます。

以上の理由などから、鍼灸治療の適応でない疾患を
探す方が難しいくらいなのです。

posted by take at 23:12| Comment(0) | 鍼灸治療の適応 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。