2009年08月27日

杖を忘れる


当院には長年の腰痛・坐骨神経痛からまともに歩く
ことができなくなり、杖が手放せないという患者さん
が来院していました。

痛みがかなり強く、十数年来の痛みのため精神的にも
まいっているようでした。

その方が3回目の治療で痛みがかなり良くなり、杖を
持たなくてすみようになり、周りの友人たちから
「あれ?あんた歩きっぷりがよくなったね!」
と言われるようになったとのこと。


その方の喜びの声

最初に来たときはすごく体調が悪く腰の痛みもひどくて
精神的にもかなり落ち込んでいました。

先生と話をしながら光線治療をすると、治療が終わった
時には痛みも軽くなり気分もとても良くなっていました。

3回目の治療が終わるころには杖を忘れるほど元気に
なり大変うれしく思っています。

この調子でいくとまた大好きな山登りにも行けそうで
、もう少し頑張って治療していきたいと思います。

60代女性 原文まま


この方のように順調に改善していくと、治療する側も
本当にうれしいものです。

このような喜びの声をたくさんいただけるように、
これからも頑張っていきたいと思います。




posted by take at 16:49| Comment(0) | 患者様 喜びの声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。